cel1.bmp cel2.bmp

セルシオ20カテゴリの記事一覧

セルシオ20

セルシオ2代目(20系:1994年〜2000年)

1994年10月登場。
「変化を求めず、進化をめざす」がキャッチコピー。

バブル崩壊後の円高の加熱により
メインマーケットの北米でセルシオは価格上昇を余儀なくされ
競争力を失いつつあった。
そのため発表から5年でフルモデルチェンジに踏みる。
外観は初代のスタイリングを踏襲。
素人の目には新旧の違いはわかりにくかったが
(フロントライトの形状がスコシ悪びた感じに、、、)
車体の基本的骨格であるプラットフォームの改良を行い
オーバーハングを切り詰めた結果
最小回転半径を縮小し
またホイールベースを延長し後席居住性も改善。

初代(10セルシオ)で不満の多かったブレーキ性能も
フロントにアルミ製対向4ポッドキャリパーを装備。
内容の変更は大きかった。
エンジンは引き続き V8・4000ccの1UZ-FE型を使用。
パーツの見直し等で5psの出力向上と
最大110kgの大幅な車両軽量化を達成。
動力性能を向上。

250px-Lexus_LS400.jpg


1996年8月 スモールチェンジ。
助手席肩口のパワーシートスイッチや
マイコンプリセットドライビングシステムが再設定。
安全性も向上。衝突安全ボディー「GOA」を採用したほか
運転席・助手席のサイドエアバッグを標準装備。
A仕様とB仕様に欧州仕様のユーロチューンド・サスペンションを採用したeRバージョンが追加。

1997年7月 ビッグマイナーチェンジ。
「その世界的価値」がキャッチコピー。
フロントグリルとヘッドライトを独立。
全体的に従来型よりも精悍なスタイリングに。
(10年たった今でもカッコイイ)
ヘッドライトは従来のハロゲンヘッドランプに代わって
オートレベライザー付ディスチャージヘッドランプが設定。

250px-98-00_Lexus_LS400.jpg


エンジンもVVT-i(連続可変バルブタイミング機構)の採用により
MC前の265psから280psへ!
(オートマで280psすか!!)
ATも4段から5段へと変更。
動力性能と環境性能を同時に向上させた。
多発する盗難対策としてエンジンイモビライザーが標準装備された。

*当時の盗難される国産車ベスト3は
3位 日産スカイラインGT-R
2位 日産 シーマ
1位 トヨタ セルシオ

1位になっても嬉しくないね(汗)。。
cel3.bmp

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。